ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

手ぬぐいプロジェクト
続けていくこと
「緑の時代」
ソロ弾き語りや、バンド編成などで全国のカフェやギャラリーを巡回している山田稔明さんの4枚目のアルバム。『新しい青の時代』に続く「緑の時代」これまでCDRやコンピレーション盤などで発表された数々の楽曲からセレクト、再編集、再録音された11曲で構成される“retrospective”アルバムです。
『noon moon』 原田知世
知世さんの5年ぶりのアルバム『noon moon」(昼間の青い空に透けて見える月)プロデュースは、naomi & goroのギタリストであり、作曲家/音楽プロデューサーとしても活躍している伊藤ゴローさん。
前回の、長崎美術館での「on-doc」で、まだ題名が決まっていないと唄っていた曲は「青空の月」として最初の曲に。坂本龍一さんがキーボードで参加されています。

雨の長崎にも しっとりと似合う
そんな大人のアルバムです。
「はじまりの鐘」tico moon
吉野友加さんのアイリッシュハープと
影山敏彦さんのアコースティックギター
2013年にファーストアルバムをリリースしてから10年目。
7枚目となるアルバム「はじまりの鐘」
アルバムでは初めてゲストミュージシャンを迎え、
季節をテーマにアルバムが出来上がりました。
一年を通してお楽しみください。

夜明けから夕暮れまで足下にそっと耳を傾けて、聴こえてくる音も集めました。
影山 敏彦 
                           
心の奥にしまわれた風景がぽっと頭に浮かぶ時、はじまりの鐘が聴こえます。
吉野 友加 

松尾ミユキさんデザインの
tico moonオリジナル本染め手ぬぐいも是非。二人が使うハープとギターの楽器が愛らしいです。

「はじまりの鐘」 2500円(税抜)
オリジナル手拭い 1000円(税抜)
 カラー・茶・緑